2019-09-23

『超能力者養成講座 ユメトキマスター編』・・・その②

天馬の騎士「様々な、報道番組を見ていても面白い結果や、様々な運命を読み取れる
 ことが、ありますよねえ。」

聖仙「ウム。ローマ法王が亡くなり、後継者を決定する、枢機卿会議もそうじゃったのう。
 枢機卿達は、決定するまで、部屋にこもったきり。その、会議の名前は、『コンクラーベ』。
 つまり、『夢解き理論』で、解読すると、『根比べ』という、ことじゃのう。」

天馬「仏教は、特に、『字謎』だらけ。『夢解き理論』で、様々な解読結果、思いもよらぬ
 結果が、得られますよねえ。」

聖仙「ウムウム。その一つを 紹介しようかのう。仏陀が、教団で、弟子達の前に、一輪
 の、蓮の花を差し出したときのこと。弟子達は、その、教えの意味が分からず、首を
 ひねっていると、ただ一人、『迦葉尊者』だけが、ニッコリと微笑み、ウンウンと、頷いて
 おった。仏陀は、『迦葉尊者』に、救いの教えを伝授したのじゃ。では、この謎を 次に、
 解説するとしようかのう。」

【解読内容】
 *蓮の花とは?
   いにしえのインドでは、蓮の葉は、水をすくい取ることに、利用されていました。
  つまり、蓮とは、『救い』のこと。
  蓮の花とは、『救いが花開くとき』ということ。
  『蓮華経』とは、『人々の救いのための教え』ということ。

 *『迦葉尊者』の、字謎を解明!
   仏陀の教えは、奥が深く、到底、理解できるものではない。
  しかし、『迦葉尊者』は、仏陀が、蓮の花を差し出したとき、さも 理解できているかの
  ように、振舞っていた。
  ・迦葉尊者(表読み) ・・・・・・ かような者は、損じゃ
  ・者尊葉迦(裏読み) ・・・・・・ 視野損馬鹿
  知りもしないのに、知ったかぶりするなという意味。
  しかし、仏陀は、その先を考えていた。
  万人の苦しみを理解することなど、到底不可能である。
  けれども 悩み、苦しんでいる人々の心を救うには、優しく微笑み、頷き、包み込んで
  あげることが、最も重要であると。

 真の仏陀の教えを学ぶには、『夢解き理論』により、片っ端から、『字謎』を解読すること
ですよ。

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

tag : 超能力者,養成講座,ユメトキマスター

簡単に、無料で、ブログ開設!
ブログ
プロフィール

天馬の騎士

Author:天馬の騎士
思想・宗教・政党を超えた、政界浄化組織『平成イッキ連』が、バーチャル空間と、実社会を行き来して、悪人退治を開始!!

アクセスランキング
みんなの、応援のおかげだよ。
[ジャンルランキング]
小説・文学
837位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
7位
アクセスランキングを見る>>
実録!!バーチャル レジスタンス
下記のボタンをクリックしてね!

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
実録!!バーチャル レジスタンス
奇跡の目撃者数
ようこそ!